2017年6月16日 (金)

ジュンサイ池・ササユリ・ヒツジグサ・・・楽しい出会い

 

雪割草のHさんのお手伝い?って程じゃありませんが・・・Hさんの持山へ、雪割草を植えに連れて行ってもらいました。

 

Hさんご夫婦(奥さんは私の友達です)と私、おやつ持って、お弁当持って・・・ルンルン気分の私coldsweats01

 

↓ 植える里山は、字費(あざひ)を納めている人だけが、ジュンサイを採ることが出来るという池の左手でした。

もうすぐジュンサイ取りの季節だそうです。

 

Photo

 
D←↓ 山へ足を踏み入れて、まず最初に迎えてくれたのは・・・美しいササユリheart04

子供の頃はどこにでも咲いていたササユリ、今はあまり見られなくなりましたweep

 

  
Photo_2

 

↓ Hさんがスコップで植え穴を掘り、奥さんと私が植えつけです。

 

Horz

 

↓ 帰り道、ジュンサイの池周りを歩いていたら、奥さんが「ねえ、白い花が咲いているよ!」

近くに寄って、よくよく見れば・・・スイレンの花にそっくりだけれど、何だかとっても小さな花です。

Hさんが「ヒツジグサだよ」と教えてくれました。

おお!これが幻のヒツジグサ!!かつては妙高のいもり池にも咲いていたそうです。

今はスイレンに押されて、絶えてしまったらしい・・・crying

 

Photo_2

 

ユキワリソウ、毎年植えているそうですが、消えてしまったり、山菜採りの人に盗られたり・・・なかなか「花あふれる里山」になるまでの道のりは険しそうです。

 

勝手ながら・・・コメント欄は閉じています。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッと、お願い出来れば・・・m(_ _)m tulipnotes


 

2017年6月10日 (土)

林道巡り、黒倉線・上小沢線開通! わぁ~彩雲だ!!

 

A毎年、母を連れて行く春の林道黒倉線、papaさんから「開通した」という情報をもらって行ってきました。

 

上平丸から黒倉線へ向かう途中、ふと前方の空を・・・「おお!・・・あれはもしや彩雲では・・・」

車を止めてcameraimpact 確かに彩雲のようです、生涯2度目のことです。

  

Ad

 

さて、本題に入ります。

 

Photo黒倉線は所々の路肩が多少の崩れや傾きがありますが、キレイに整備(掃除)されていて、快適に走れました。

 

林道沿いにはほとんど花が見られませんでしたが、↓ ヤグルマソウがあちこちで見られました。

 

 

Horz
  

Photo← いつもの難関もスイ~と通過、そしてよしはち池分岐へ来ると、アララ・・・残念ながら通行止めの立て札がdown・・・と言うことで林道黒倉線の、上越市板倉区への通り抜けは出来ません。

 

しかし、よしはち池から林道上小沢線を下ると、上小沢・大濁集落へ出ます。

大濁から広域農道を坪山へ、そして板倉区へは行かずに小濁集落経由で戻りました。

 

Photo_2


Photo_3← よしはち池駐車場には、道路整備の車が・・・昼食休憩中でした。

 

↓ 上小沢線途中からの眼下に広がる・・・日本の原風景のような景色heart04

 

Photo_4

 

↓ 坪山集落上から、黒倉線方面を・・・ずいぶん走ったなぁ・・・coldsweats01

 

Photo_5
 

↓ 反対側には雲がなければ・・・妙高連邦が見えるはずで・・・残念sign01

 Photo_6

Photo_7← もちろん、林道途中で、しっかり採ってきました・・・竹の子happy01

母は竹の子とフキ・ワラビも・・・。

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッと、お願い出来れば・・・m(_ _)m tulipnotes

 

2017年4月18日 (火)

イチリンソウがニリンソウになった!?



Photo

 

      今年もイチリンソウの咲く季節になりました。

 

2014

 

イチリンソウはイチリンソウ属(イチリンソウの仲間やイチゲの仲間)では一番優雅で品のある花だと思います。もちろん一番大きな花が咲きます。

 

私この春、新たに大群落を見つけてしまいましたcoldsweats01 そして今日、そろそろ花が咲いたかな?と、確認に行ってきましたら・・・

      ↓ こんな個体が沢山あるのを見つけましたcoldsweats02

 

Photo_2
Photo_3
Photo_4
Photo_5
 

1茎に2輪咲いている1本を持って、理科センターの先生に伺ってきましたら、肥沃な場所のせいかな・・・?と言うことでした。

後で調べましたら、ウィキペディアでも2輪咲くこともあると記されていました。

それにしても・・・こんなに沢山2輪の花があるとはビックリです。

 

この時期の白い花で私が好きな花を、もう一つUPします、今この花は里山の何所ででも咲いています。

 

トキワイカリソウ(メギ科イカリソウ属):妙高市では圧倒的にシロバナが多いです(福井県以西では赤紫花が多いそうです)

 

Photo_6

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッ!いつもありがとうございます m(_ _)m tulipnotes

 

 

2017年4月 1日 (土)

「斐太歴史の里」 ② コシノコバイモ

 

「斐太歴史の里」は明日(4月2日)オープンです。

 

先日行けなかった、コシノコバイモのエリアへ行ってきました。

 

草丈10~25㎝位のちっちゃな花ですが、凛とした花姿がいいheart04 林床の薄暗い場所が好きな花です。

  

Photo
 

コシノコバイモ:越の小貝母(ユリ科バイモ属) コバイモはウィキペディアによると、地域によって8種位に分かれているようです。 

 

↓ その近くの陽当たりの良い場所には、ミチノクエンゴサクが咲き出していました。

薄水色~薄ピンク色まで色幅があります、可憐な花姿ですが、繁殖力旺盛なようです。(クリック拡大でぜひ!)

 Photo_2
 

↓ 実家の元田んぼ土手に沢山あるワサビ、庭にも観賞用に植えていますが可愛い花です。

 

Photo

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッ!いつもありがとうございます m(_ _)m tulipnotes

2016年10月12日 (水)

キリッと妙高・火打山 & 里山散歩(秋の花)

 

10月も中旬、涼しく(寒く)なりましたね~、早く目覚めたので早朝散歩に出ました。

家の近くなった頃、山々を朝日がてらし始め、ボンヤリしていた山影が急にキリリと見えてきました。

今年はテッペンまで行けなかった火打山、行きたいな~coldsweats01

 

Photo_8


↓ 10月も半ばになり、里山はタデ科の花々の独壇場?

 

A
Aa

↓ アサ科のカナムグラは実りの秋を迎えていました。

セイヨウカラハナソウ(ポップ)、カラハナソウは類似種だそうです。

Photo_2
Photo_7

← ナギナタコウジュは古里では初めての出会いです。

 

↓ ミチノクヨロイグサは少し前までケナシミヤマシシウドと呼ばれていました。

古里では「ウマウド」と呼ばれていましたが、これはウマに食べさせていたかな?なんて、勝手に解釈しています。

 

 

 

Photo_4

↓ 古里へ通じる道へ入ってすぐにある、大株のノイバラです。

実は、もうすっかり赤く染まり、口に運ぶとほのかに甘い・・・やさしい味です。

Photo_5

 

Photo_6↓ キク科のノコンギクユウガギクです、当地にはこの2種しかないと思ったんですが・・・

← その近くで、これを見つけました。

↓の2種、花びらの枚数が12~13,4枚ですが、これは20枚位あります。 

B_3
B_2

 

山野草の名前、似た花の特定は・・・むずかしいです。

間違っていたらゴメンナサイ、そして教えていただけたら嬉しいです。

文字が変ですが・・・直せません。原因が分からないのでこのままUPします。

???ですよcoldsweats01

 

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッ!いつもありがとうございます m(_ _)m tulipnotes

 

 

 

2016年10月 1日 (土)

久しぶりだね妙高山 & 野山はすっかり秋模様

 

Photo_2

← まるで作り物のよう・・・美しいでしょう?

 

何だか・・・分かる人は分かる(当たり前ですがcoldsweats01

 

答えは最後にhappy01

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo_4← 9月8日に見つけたアケビが、ちょうど食べ頃になっていました。 

私は手前の一つ、母は奥の三つと持ち帰りました。

 

 

 

 

↓ 久しぶりのに妙高山・火打山が姿を見せました。

また、広域農道の旅(大げさなcoldsweats01)をしてきました。

 

Photo_3

 

AM10時少し前に撮りましたが・・・この空の雲が、30分くらい後に妖しく変身しました。運転中に気がつきましたが・・・車を止められず、写し損ねましたdown

その雲の様子をバッチリ撮っていらした方が・・・こちらで!

 

前回から10日しか経っていないのですが、花はすっかり秋の花に変わっています。

 

Photo_8

 

↓ 毎度おなじみの、路傍の野草たちです。

 

Photo_5
Photo_6
Dhorz
 

1枚目の写真はオヤマボクチの蕾でした~、自然は一つの芸術?

  

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッ!いつもありがとうございます m(_ _)m tulipnotes

 

 

2016年9月26日 (月)

西の赤、東の白 & サルビア+α (*^.^*)

 

私が生まれ育った山里で、去年初めて赤花のゲンノショウコを発見!「大発見だ~」なんて思いましたが・・・coldsweats01

その後、いろいろ調べてみたら・・・西日本には赤い花、東日本には白い花が多いことが分かりました。

そして、北海道でも赤い花が見つかっているとのことで・・・多い少ないはあるものの、日本中どこにでも紅白の花があるようです。

 

Photo

 

 

Photo今年も同じ場所に行ってみました・・・去年と同じ場所には見つかりませんでしたが、その5mほど先に大株になったものを見つけましたheart04 

← これは、去年種を採ってきて、蒔いたものですが・・・未だに蕾が付きませんdown

 

↓ 同じ場所で咲いていた白い花です。こちらの花も小さいけれど美しい色合いです。

 

Photo_2

 

↓ 覚えて下さっている方もいらっしゃるでしょうか?この小径、ここを進むと赤花のゲンノショウコが見つかります。

(この小径の両側にはキバナアキギリがビッシリ生えています。)

 

Horz

 

 

おまけ : 以下はは庭の花からです。

 

Photo_2 

← 手前のサルビアはガラニチカです。

春の終わり頃から晩秋まで咲き続けてくれます。

欠点は・・・背丈が大きくなって、大株になること?coldsweats01

私は時々剪定しています。

メドーセージという名で流通していますが・・・これは間違いだそうです。

メドーセージとは本来はサルビア・プラテンシスを指すそうです。

ガラニチカの後ろにあるサルビア(名前不明)は、さらに大きく育って・・・ここはお気に入りのコーナーです。

 

 

 

↓ アノダ・クリスタータの紫も、ようやくたくさんの花を咲かせるようになりました。

Photo_4

 

↓ 白花はとにかく旺盛で、花が絶え間なく咲き続けています。

 

Photo_3
 

↓ メランポジューム今年はとにかく花付きが良くて、こぼれ種のお利口さんNo.1かもしれませんcoldsweats01

1本で直径が60~80㎝くらいの大きさになっています。

 

Photo_5


 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッ!いつもありがとうございます m(_ _)m tulipnotes

2016年7月 8日 (金)

「まなびの杜」大毛無山登山(マメシジミも・・・いた~!)

 

7月2日(土)市の「まなびの杜」で大毛無山(1429m)へ登ってきました。

↓ 妙高市新井地区から見た山全景です。(これは以前撮った写真です)

Photo


Photo_2
9時半過ぎ、登山開始です。

この登山道は最初が一気登りの急坂ですが、そこさえ過ぎれば、後は意外と緩やかです。

道々、先生が大毛無山の植生、花や木の名前などの解説をしてくださり、とても楽しい登山です。

 

心配した天気も、何とか下界が見える程度になりました。

Photo_6
 

今日出会った花 & マメシジミです。

  ウラジロヨウラクガクウラジロヨウラク:二つは一見同じように見えますが・・・ガクの長さが違っています(私、今まで見逃していましたcoldsweats01(拡大になります) 

2
Photo_3

Photo_6  登山道沿いに沢山見られるツバメオモト、花は既に終わり小さな実になっていました。

  3種類のカラマツソウの仲間(キンポウゲ科カラマツソウ属)が咲いていました。

3

Photo_7  登山道を2/3ほど登った湿原に生息するマメシジミです。

私のcameraではこれくらいにしか撮れませんでしたがcoldsweats01・・・大きさはせいぜい5mmくらいです。

 

 

  山頂着11:30、約2時間かけてゆっくりと登りました。

山頂は約20人が休むには狭い・・・ギュウギュウ詰め?で昼食coldsweats01

この三角点、測量の仕事をしていた頃、初めて登りました。遙か昔のことですが・・・それ以来、大毛無山は私にとって特別の山になりました。

Photo_8
 

  山頂からの新潟焼山です、この日も結構な噴煙を上げていました。

Photo_3Photo_4
 

B  下山途中、有志で山頂の少し下にある雪渓へ下りてみました。去年は7月14日に同じ場所に行ったのですが・・・今年は本当に雪が少ない・・・オオサクラソウは望めません、ガッカリdown

  去年(7月14日)のオオサクラソウです。

Photo_2
 

  下山は足取りも軽く notes

Photo_4

Photo_9Photo_5  下山後、林道南葉山線の妙高市と上越市の境も見学!

上越市はバリケードを設置して、林道管理をしていませんので、名立区への通り抜けは出来ません。

  竹の子のお土産も・・・少しcoldsweats01

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッとお願い出来れば・・・m(_ _)m tulipnotes 

2016年6月22日 (水)

大草原・・・じゃないけど、花いっぱ~い ヽ(´▽`)/ & ショウキラン

 

山野草・・・には違いないが、どちらかと言えば雑草・・・coldsweats01

でも、これが沢山集まれば見事な美しさです。

 

  ヒメスイバ(タデ科):実(タネ?)が紅葉のように美しいheart04

Photo_3

Photo_4

 

  ブタナ(キク科エゾコウゾリナ属):「豚のサラダ」から付いた名前だそうですが・・・チョッと残念な名前・・・だよね~coldsweats01

Photo_2

 

  コウリンタンポポ(キク科ヤナギタンポポ属):以前、我が庭のをUPしましたが、ここでは芝の中一面に!きれいです。北海道ではブルーリスト(外来種のリスト)に入っているとか・・・。

Photo

 

 

山野草、再びです。

  ヒカゲノカズラ(ヒカゲノカズラ科):シダ植物というよりコケ?のような・・・。右は以前撮った花が咲いた?状態。(クリック拡大)

Photo_5Photo_6

Photo_7



  ネバリノギラン(キンコウカ科ソクシンラン属):初見の花です。

  ここからは腐生植物です。

 

時節柄、道の両側はギンリョウソウのオンパレードでした。

 

 Photo
Photo_2
Photo_3


にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッとお願い出来れば・・・m(_ _)m tulipnotes

 

2016年6月19日 (日)

サンリンソウ大発見!?続々山野草

 

ド~ンと妙高山sign01この日は良く晴れて暑い一日でしたが、高原の木陰道を歩き、路傍の植物を愛でて来ましたnote

盗掘の心配もあるので・・・場所はナイショcoldsweats01

Photo

Photo_3
 ←↓ 私の尊敬する先生が発見!

参加したほとんどの方が初見だったのではないでしょうか・・・もちろん私も初見です。

サンリンソウキンポウゲ科イチリンソウ属です。

イチリンソウ、ニリンソウ、キクザキイチゲは毎年ブログにUPしていますが、それらに比べると、かなり花が小さく地味な感じ(可愛いheart04)です・・・群落を作っていました。

Photo_2
 

  クリンソウサクラソウ科サクラソウ属)が美しかった・・・heart04heart04heart04

Photo_4Photo_5



今年は積雪が少なかったせいか、いつもの年より良く咲いているそうです。

 

  小さいけれど・・・凛と咲くササバギンランラン科キンラン属

 Photo_7

 

  ベニバナイチヤクソウツツジ科イチヤクソウ属の大群落に遭遇sign03

Photo_8

 

まだまだ、沢山の花たちに出会いました、順次UPしていければ・・・と思っています。 

山野を歩き、花を愛で・・・どうしてこんなに楽しいのでしょうhappy01 つくづく私は山の子なんだな~coldsweats01

 

 
にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ポチッとお願い出来れば・・・m(_ _)m tulipnotes

より以前の記事一覧

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ