« 梅雨明け頃の庭から(バラの2番花ピークです) | トップページ | 笹ヶ峰高原・感動のシキンカラマツ »

2019年7月31日 (水)

大毛無山の植物観察・4回目は林道南葉線名立側へ

 

7月28日(日)市街地を流れる川のゴミ拾いボランチェアが、前日から夜にかけての降雨で延期になり

予定が空いてしまったので、急きょH先生にお願いして、今年4回目の大毛無山へ出かけました。

今回行きたかったのは南葉山林道名立側(上越市)去年の道路と今年のバリケード破りの様子をUP

写真を撮り忘れましたが、応急処置?で再封鎖されていました(歩きなら自己責任で回り込めます)

 

Photo_20190731170801

   

↓ あんなにきれいだった道路、たった一冬でご覧の通りの有様です。

なお、どうやら今年のバリケード破りは、車で入ったようで・・・ワダチが残っていました。

 

2_201907302107011_20190730210501

 

Photo_20190730211001

 ← 落ちている石は細かい砂で出来ているようで、すごくもろくて板状のものが多いです。

この辺の山々はその昔は海底だったのが隆起して出来たのだそうです。

 

↓ここからは今、出会える花です。

 

 

Photo_20190730211002Photo_20190730211101

 

↓ 道路山側は花盛り、ギボウシ、トリアシショウマ、オニシモツケ、ヤマユリ(コオニユリと判別出来ず) 

 

23

Photo_20190730211901

Photo_20190731201901

Photo_20190730212002

 

↓ これは崖から道に落ちていたオタカラ・・・お持ち帰り品です。

 Photo_20190730213801

 

ポチッとお願いします。

ポチッとよろしく!

 

 

 

 

« 梅雨明け頃の庭から(バラの2番花ピークです) | トップページ | 笹ヶ峰高原・感動のシキンカラマツ »

山・野・林道と植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
 
おぉ 大毛無山歩きもついに4回目でいらっしゃいますね。
昨年の綺麗になった林道と現状の違いはちょっとショック。
砂岩のようなもろい岩や石が多いとのご説明に、
だから余計にダメージ受けるのだなと思いました。
雨の後ということで林道も濡れているし、斜面も水をたっぷり
含んでいる感じで、ちょっと怖く感じましたよ。
ベテランのお二人といえども。
それにしても、かって海底だったところがこんなにも高く隆起
したことといい、雪や雨水による変容ぶりといい、自然の力は
やっぱり大きい!!すごいエネルギーだと改めて感じます。
花たちは夏の花になりましたね。
タマガワホトトギの色に、優しくてすてきだなぁと惚れました。
落下していたオタカラ、上手く育つと良いですね。楽しみ~

こんにちわー

梅雨が明けは大歓迎ですが、真夏日や猛暑日は
遠慮したいものです。
このくそ暑い中、今年4回目の大毛無山へ出かけられたとは・・・
さすが、妙高の姉御さんです・・・。
と、言いたいのですが、街中から大毛無山へ避暑が第一の目的
だったり・・・とは、言いません。
それにしても、スッキリしてた林道が、一冬で、こんな残酷な
状態に変化するのには驚きです。
林道には薄くてもろい板状の石がゴロゴロとは・・・
最近、良くТVで放映されてる海底隆起なんですね。
地球の起源の様子がうかがえますね。
そして、林道の沢山の山野草たちの元気のよいこと・・・
その場所の環境に準じて成育してる様子がうかがえます。
落下してたオタカラは、環境が変わるけど、上手く、育つと
いいですね。


❤ ポージィさん、こんにちは~。

うだるような暑さの毎日、もう冷房の中から出られない日中です。
今夜は祭りの花火がありますが・・・夜になっても蒸し暑そうで・・・
でも、ジジ・ババと王子たちとで見学に行く予定で、午前中に場所取りをしてきました。

一冬毎にこんな道になってしまう・・・上越市が放棄(閉鎖)するのもうなづけます。
我が妙高市側はスキー場や登山道があるので、当分安泰だと思っています。
ただ、これだけ落石が有ると、やはり恐いですね~。
海が隆起した山々、近くの山を通っている林道脇には
漣痕(レンコン)と言う【漣(さざなみ)の痕跡】が残っています。
自然の中に身を置くと、人間が何とちっぽけなことかをしみじみと思います。
私、普通のホトトギスはどちらかと言えば嫌いな花なんですが・・・
このタマガワホトトギスは好きなんですよ、庭で育てば欲しいオタカラなんですが・・・。

❤ kucchanさん、こんにちわ~。

先日TVで、2100年には猛暑日が今の何倍にもなる・・・と。
まあ・・・私たちはとっくにいなくなっていますが、子孫はどう生きていくのか・・・
ちっぽけな国通しのいざこざをしている場合では無いですよねぇ。

私も年をとりましたので、低山や里山歩きで我慢の日々ですが
例え標高が1000mくらいでも、夏は結構涼しくて下界(市街地)に下りたくない・・・なんて。
(kucchanさん、良く解っていらっしゃる)
林道、バブルの頃に膨大なお金をかけて作っていましたが
今はもう、ただのお荷物になって閉鎖されているものも多いですね・・・。
大毛無山は低山にもかかわらず、積雪が8~10mになる厳しい環境の山です。
そのせいか、高山性の植物も見られて、宝の山でもあります。

 頑張って・楽しんでおられますね~♪
こんにちは~

 なぜそこまでして入るかっ。
・ いや~・見事なくらいのあれ様ですね。
 しかしこれを繰り返さねば・・。
・ 砂岩の割れ口、鉢を置くのに最高ですね~。
・タマガワホトトギスと言うんですね。
 なんてかわいい、そして早い!
・ えっ、サンカヨウがまだ咲いている。
 来年は仕入れる予定で~す。

※ほかの花たち・・・、これを雪ん子さんは直接み見てるのですね~♪
・ そしてエビラフジ(初めて見ます?)たち、そうして雪ん子さんに助けられて・・・。
 私が行く渓流釣りの道すがらは、山の反対側は川!
整備でも、チョットの大雨でも、直ぐに川に流されてしまいます・・・。
ところが釣りに集中していて、気が付いた時にはほとんどが通り過ぎていま~す(笑)。
 それに、6月初めに行ったきりで・・・、時間がありません(悲しい)。
・ こうして写真、癒されておりま~す。
  ・・でした

南葉山林道の様子がよく分かりました
せっかく直しても一冬でこんな状況になるのですね
管理するほうも大変ですね

私はバイク乗りで、林道から見える山々の風景だ大好きです
南葉山林道から火打山や焼山を是非見たかったです

❤ トリKさん、こんにちは。

私はバイクに乗れませんが、林道は大好きです。
軽の愛車で年に数回アチコチ、植物観察に出かけます。
(主に近辺の林道しか行けませんが)

南葉山林道、名立側の様子ですが、私は行けないいので人伝いに聞いたところ
去年、名立側でちょっとやそっとで直せないほどの崩壊があったそうです。
材木運搬は名立側からの方が近かったんですが、やむを得ず
妙高市側からの道路を整備して運び出したそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅雨明け頃の庭から(バラの2番花ピークです) | トップページ | 笹ヶ峰高原・感動のシキンカラマツ »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ