« 庭だって衣替え? & 『里山保全クラブ』会員募集中! | トップページ | 「大毛無山の植物観察」再び! & 林道情報 »

2019年6月23日 (日)

大毛無山の植物観察のはずが・・・最後はタケノコ採りに(笑)

 

Z H先生に大毛無山(ロッテアライリゾートのある山)の、植物観察に連れて行ってもらいました。

お天気は上々、さてどんな花たちに出会えるか・・・ワクワクです。

 

 

↓ 大毛無林道、膳棚までは難なく行けました。

ここ近くで車を止めて、ゲレンデを登りました。

下界?が一望ですが・・・今日はかなり靄っています。

Photo_20190621214601

 

1010

 

Photo_20190621214602

以前は山頂駅舎と呼ばれていた、膳棚リフト終点まで登って昼食にしました。

 

ここまで登ると(標高は約1200m?)空気もヒンヤリ、気持ちが良い!

 

↓ ここまでで出会った花々

見頃もあれば、もう少しもあります。

今年も山の乙女達に出会えて本当に楽しくて嬉しい!。

あと何年この山へ登れるだろうか・・・

イチに体力!ニに体力!頑張ろう!!(笑)

 

4_20190622210901

Photo_20190622210901 

 

Horz_20190622210901

 

4_20190622210902

 

所々で山の幸に出会う、これはもうお持ち帰りでしょう・・・

タケノコがあまり好きじゃ無い父ちゃん、「竹の子汁も煮物も、もう要らん!」 

実は息子もタケノコ汁が嫌い・・・かわいそうな人達だ(ハハハ・・・汗)

 

Photo_20190622210902

 

昨日は『まなびの杜』で斑尾高原「沼ノ原湿原」へ行ってきましが、春と夏の端境期で・・・あまり美しい光景に出会えませんでした、かなりガッカリ!

 

 

« 庭だって衣替え? & 『里山保全クラブ』会員募集中! | トップページ | 「大毛無山の植物観察」再び! & 林道情報 »

山・野・林道と植物」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
 
お写真1枚目から、わぁっ!と声が出てしまいました。
なんて気持ちの良い景色。 広い!大きい!
はるか彼方に見えるあの山、大毛無山へいざ、ですね。
冬の間スキー客でにぎわったゲレンデは、まだ少し雪の名残が
ありますね。そのゲレンデからの景色も気持ちイイ~!
もう大分長いこと、こういう大きな景色の中に身を置いていないなぁと
改めて実感しながら、お写真を前に深呼吸です。
山を登りながら目にされた花たちは可愛い春の花たち。
この辺りにはやっと春が来たのですね。
空気のひんやり感も感じられるようです。
そして山菜もまだ食べごろのものが~~
山菜採りが趣味の雪ん子さん。採らずにおられようか、ですよね。
えっ、ご主人も息子さんもタケノコあまりお好きじゃない?
残念ですね~ 美味しそうなのにー (´艸`)

 勿体ない・こんなにおいしいものを・・
こんにちは~

 口で言うのは簡単。
だが、山頂駅舎!!直登?大回り?
 そうですかあの上までとは・・。
※シラネアオイ、いいですね~。
 我が家、今年は咲きませんでした~。
・サンカヨウ、こんなに花をつけるんでしたっけ。
 こちらも手入れ不足で・・。
・またツバメオモト、初めてのような♪
・へ^・モミジカラマツも・・。
・タケシマランも、どんな花が・・・?
・矢車草、大きくて・・・汗。

※そうですね、私は3食出ても飽きませ~ん。
 穂先を生で食べたことも!
・はい・勿論、羨ましいです・よ~♪
  ・・でした

❤ ポージィさん、こんばんは~。

ポージィさんもこの景色を楽しんでいただけて嬉しいです。
私は山育ちなので、山に入るととても落ち着きます。
下界の景色を眺めながら、ここまで来られる幸せを感じています。
以前は良く一人でこの辺の山へ入りましたが・・・
最近はクマだ、イノシシだ・・・などと恐いので、必ず誰かと・・・です。

この山、標高が1429mと決して高い山ではないのですが
山頂辺りでは積雪が10mにもなる厳しい山で、日本海側要素の植物の宝庫です。
この山に詳しいH先生(友達のご主人)に、連れて行ってもらうのが、ここ数年の楽しみになっています。
今週火曜日に天気が良ければ、再び別の沢へ連れて行ってもらう予定です。

❤ ひろさん、おはようございます。

そうでしょう?そうでしょうヒロさん・・・
今日は煮物にして、父ちゃんのだけはタケノコを除いて盛り付けてやる!(プンプン!)

ゲレンデって夏の管理の為か?ジクザクに小道?が切ってありました。
この時期だと草も小さくて、とても楽に登れましたよ。
それに山育ちの私はヤブこぎやヤブ登りがとても得意よ(笑)

エッ?サンカヨウ・・・こんなものでしょう?
ツバメオモトは花後にとってもきれいなブルーの実が生って・・・それも良いですよ。
タケシマランはとても地味な小さな花ですが、実は真っ赤できれいです。

こんばんは♪

タケノコ美味しそうですね!
ところで、福島では「ジダケ」や「ネマガリダケ」などと呼ばれる種に見えますが、
雪ん子さん地方では、何と呼ばれているのでしょう?
(ひとまとめに「タケノコ」?)
若い頃、上司に連れられて行った山で生で食べさせられた苦い経験があります><
苦くはないけど、何か味付けが欲しいような^^;

サンカヨウもツバメオモトも、長雨の後は花弁が透けるので綺麗ですよね。
(特にサンカヨウは、「ガラス細工」なんて言われます)
久々に"ガラス細工"を見てみたいです。

こんばんわー

ここ数日、庭の手入れでヘトヘト状態・・・ですよ。
山菜採りと山野草観察に行けれたのですね。
タケノコ採り・・・
そー…この細いタケノコですよ・・・大好物です。
(1~2週間に一度は食べてますよ)
この写真と同じタケノコなのかはわかりませんが
会津若松単身赴任時代に、単身赴任仲間が
ヤブの中に潜り込んで採ってましたよ。
その採ったタケノコを煮て、缶詰にしてました。
(缶詰は専門業者に依頼してました)
私は、汗を流してヤブに入るのが苦手で、何時も
出来上がりの缶詰をもらい食べてました。
所で、今がタケノコ採りの最盛期なのでしょうか・・・
ただ、赤い車が1台しか見えないので競争相手は
少ないのか・・・と、思いましたよ。


❤ billさん、こんばんは~、遅くなって m(_ _)m

こちらでは「タケノコ採りに行く」と言ったら、ネマガリダケ(チシマザサ)のことで・・・
モウソウダケ(孟宗竹)は大概、庭に植わっていることが多いので採りに行くとは言わない?
タケノコを生で食べられる事を知っていると、もし山で遭難したら役立つかも・・・(苦笑)
妙高では4月下旬~7月までタケノコシーズンが長いです。(里山から順に高山まで)

春は雪が来た側から花が咲き出して・・・山歩きが楽しいですね。
サンカヨウもツバメオモトも、今年はたくさん見られました。
ガラス細工になる時は、雨だから・・・(ハハハ・・・)

❤ kucchanさん、こんばんわ~。

庭仕事、お疲れさま!
私も連日、庭仕事、里山保全クラブの草刈り、植物観察と・・・
忙しい日々を過ごしています。
昨日は一日、再び大毛無山の植物観察で
今日は『里山保全クラブ』がらみで、『国立妙高青少年自然の家』の草刈りでした。
さすがに連チャンで疲れて・・・明日は休養日にしようかと(笑)

タケノコを缶詰に・・・、こちらではビン詰めが一般的です。
これなら家庭で出来るので・・・結構何年も大丈夫ですよ。
タケノコシーズンは4月下旬(里山)~高山(妙高山・火打山など)7月まで・・・と、結構長いです。
大毛無山ではまだ残雪が多いので、これから最盛期かも・・・。
タケノコ採りの車は道幅の広い所や、登山者用の駐車場などにたくさん!
皆さん、それぞれに秘密?の場所が有るようです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庭だって衣替え? & 『里山保全クラブ』会員募集中! | トップページ | 「大毛無山の植物観察」再び! & 林道情報 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ