« 春は少しずつ & 小椋佳生前葬コンサートようやく・・・ | トップページ | 里山保全クラブ総会 & バラの硫黄合剤での消毒 »

2019年2月21日 (木)

ミニトマト収穫 & カラムシ織りの作品

 

Photo_2← 晩秋にこぼれ種で生えたミニトマト、鉢植えにしてサンルームで育てていましたが、そろそろ収穫出来そうです

花が咲いてから3ヶ月以上でようやく収穫ですが、楽しませてもらったから満足です。

 

 

0horz

 

 

Photo_9

高校の同級生が久しぶりに遊びに来てくれました。

お土産に ←こんな美しいものを頂きました。

敷物はカラムシ織りだそうです。

 

 

 

← カラムシを採ってきて、自分で糸にして織るんだそうで・・・

そんな細かい作業、私にはとても出来な~い  

なので得意な作業の、原料のカラムシ採りの手伝いを約束しました  

 

 

 

 

 

 

      暖かい日が続き、再び庭の雪が消えてきました。

       このまま春まで行ってくれると嬉しいのだけれど・・・。

 

      ↓ めまぐるしく変わる庭、前回雪が消えた後

      最低気温が-5℃以下になって、春咲きの花が

      かなり融けちゃいました 

 

0206_3

  Photo_4

« 春は少しずつ & 小椋佳生前葬コンサートようやく・・・ | トップページ | 里山保全クラブ総会 & バラの硫黄合剤での消毒 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

 今晩は~

 目で楽しませていただいて・・。
今度は舌で・・・♪ ですね。
それにしましてもこぼれ種で・・・。
如何に手入れがいいか。

 へ~・カラムシ!
調べてみようかな。
※しかしこれほど寒暖差があっては、植物たちも大変でしょうな~。

・無事にスキー他・・、帰宅しました!
これから編集しま~す。
  ・・でした

 ヒロさん、おはようございます。

まあ~、なんて強行軍!
それなのにコメントまでありがとうございます。
記事UPを楽しみにしていますね。

トマトはねぇ、とっても丈夫な野菜でして・・・
病気にさえならなければ雑草のごとく育ちます。
カラムシは里山などの道路脇など、何処にでも生えている大形の草で・・・
幾ら採っても(刈っても)感謝こそされますが、叱られることは無いです。
彼女はそれを刈ってきて、糸にまで加工してから織るとのことでした。
最近の里山には、クマ・イノシシ・カモシカ・シカとずいぶん物騒になって
一人では恐いというので、今度手伝いをする約束をしました。

こんにちは♪
 
ミニトマト、ついにここまで色づいたのですね!
美味しそうな色。実際のお味はどうかな?
サンルーム内とはいえ、それなりに寒さにも当たって
いるでしょうから甘いかしら。
 
お友達のお土産、季節にぴったりの可愛い素適な
ものでしたね。
敷物はカラムシの繊維で? カラムシと思しきものは
川沿いが草でもしゃもしゃになっている時期に見かけます。
あの細い茎から繊維を取り出して?
検索して取り出し方を見てきましたが、すごく根気のいる
作業ですね。天然繊維は布にする糸だろうと紙にするものだろうと
とても手間暇かかりますね。頭が下がります。
 
これからの3か月予報では平年より暖かい日が多そうなことを
言っていましたが、どうなるでしょうね。
人にも花たちにも優しい気候だと嬉しいのですが~

こんにちわー

外は雪景色・・・
そんな環境下でミニトマト栽培が可能とは・・・
しかも、熟しており栽培教書になりますね。
後は、その味を楽しみにしてます。
カラムシ・・・初めてききます。
しかも、カラムシ利用の手織物・・・これも、初めて
知りました。
そして、雪ん子さん宅の庭・・・
まだまだ、雪との葛藤が続くのでしょうね。
雪が消えると、春は直ぐに・・・楽しみですね。

 ポージィさん、こんにちは。

トマト、まだ採ってなかったんですが・・・
ポージィさんのコメントに促されて1個食べてみました。
ポージィさん、期待以上に甘かった~~~美味しい!
残りは父ちゃんのお弁当に入れてあげるわ~。

カラムシ、肥沃な場所に生えているものは結構太くなりますよ。
茎が木の棒のようになりますし・・・。
でも、それを糸や紙にするのは大変な作業なんだと思います。
私にも無理!、でも原料を刈ってくるのは手伝えるよって・・・
(最近の里山には、クマやイノシシが出るので一人では恐いというので)

今日の雪ん子地方も本当に暖かくなりました。
春が駆け足でやって来そうですね。
ソメイヨシノの開花もかなり早くなるって、昨日TVニュースで言ってました。

 kucchanさん、こんにちわ~。

ミニトマト、ポージィさんの返信にも書きましたが
味は抜群に甘い!皮も薄いし満点でした。
残りは父ちゃんのお弁当に入れます。

こちらでは意外とカラムシ織りが趣味として盛んなようです。
織物の他、和紙を作って卒業証書にした小学校もありました。
(今は他の学校に統合されてしまいましたが)
庭、このまま春に向かってゴーだと嬉しいな~。

こんばんは♪

カラムシ織りは、福島(昭和村)の専売特許?かと思っていました^^;
ググってみて初めて知りました…スミマセン。。
オッサンのボクには全く似つかわしくないとはいえ、あの上品な質感が
お気に入りで、小物ではありますが幾つか手元に置いています。

お早うございます。

ミニトマトをサンルームで育てる発想はありませんでした。
昨年、果実のように甘いというミニトマトを3種植えました。
でも、苗の値段が高いだけで、うたい文句程甘くありませんでした。
零れ種から育てたものの方が、よほど甘く感じてがっかりです。

ところで、私はこのミニトマトを野生動物対策に植えています。
零れ種による苗はいっぱい出ますので、これで生垣を作ります。
においを嫌うようで、効果はあると思っています。

 billさん、おはようございます。

「カラムシ織り」を検索したら・・・一番最初に福島昭和村が出てきました。
billさんはカラムシ織りの愛好家?なんですか。
私まだカラムシ織りについて良く解っていません
友達の手伝い(原料調達)をしながら追い追いと・・・。

 やまぶどうさん、こんにちは。

ミニトマト、こんなに美味しくなっているとは思いませんでした。
苗ってけっこう高いですものね。
私も今年は畑から芽を出したものを植えてみようと思っています。

エ~~~!?トマトが野生動物対策に?それは知りませんでした。
住宅地じゃ必要ないですが、今度誰かに教えてあげよ~っト

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春は少しずつ & 小椋佳生前葬コンサートようやく・・・ | トップページ | 里山保全クラブ総会 & バラの硫黄合剤での消毒 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ