« アキギリの小径とベニバナゲンノショウコウの自生地へ | トップページ | 夏の名残と秋の真ん中の花たち »

2018年10月 9日 (火)

里山保全クラブは今月で・・・

 

      雪国ゆえに・・・里山保全クラブの作業は今月いっぱいで終了です。

      来春の始まりまで、何をして暮らせば良いのだろう・・・

      なんてっちゃって・・・ これからの一ヶ月半は庭の冬準備と

      生活の冬準備で・・・アタフタの日々が続きそうです。

 

      ↓ 里山の道路脇では、ヤクシソウのお花畑が広がっていました。

  

Photo_2

 

      ↓ その横では大きなメタセコイヤに、何かぶら下がっている・・・。

   

Photo

 

      ↓ 今年の総仕上げ・・・キレイにしなくっちゃね~

 

Beforeafter

Photo_3 

← ヤッパリ、雑談しながらの休憩時間は、一番の楽しみ?

 

↓ これは今日行った別の里山のこと。

 
いや~キレイに整備された森や林は、気持ちいいです~~~

Photo_4

 

      ここで、先生の受け売りです。

      コナラの寿命はおよそ70~80年

      ミズナラは500年以上     

      ちなみに、ブナの寿命は250~300年だそうです。

  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ  ご訪問いただき、ありがとうございます。ランキングに参加しています。

 ↑  ワンクリック、よろしくお願いします m(_ _)m

« アキギリの小径とベニバナゲンノショウコウの自生地へ | トップページ | 夏の名残と秋の真ん中の花たち »

まなびの杜・里山保全クラブ・市民大学」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
里山保全クラブの活動、良いですね。
私も地主さんの承諾を得て、近くの雑木林と隣接する赤道などの笹刈をしています。
萌との散歩が、気持ち良く行えます。

富士山南麓では、標高1,000m位を境にケヤキとブナが棲み分けています。
コナラとミズナラも凡そそのくらいだと思います。
ミズナラは、500年以上も生きるんですね。
富士山南麓には、目通り3mを超すミズナラの巨木が沢山あります。
巨木を見て歩くのも楽しいです。

こんにちは
 
ヤクシソウの黄色い花がずーッとつながって、
ボーダー花壇のよう。優し気な道の雰囲気
立派なメタセコイヤになにやら無数にブラブラ…
秋のこの時季からもう蕾が用意されているんですね!
 
今年最後の里山保全クラブの活動だったのですね。
お疲れさまでした。 これから、晩秋そして雪の季節へと
移っていく季節を前にさっぱりして、やっぱり気持ち良いものですね。
 
樹木の寿命ってずいぶん長短あるんですね。
10年に満たないもおから何千年と生きるものまで…
なんだか不思議。
お写真↑の、朽ちる寸前の大木(ほんと大木!)は何の木ですか?

 そうですねそろそろ・・・
こんにちは~

 ヤクシソウ、アップしますと更に・・・♪
・そういえばメタセコイア、しばらくみておりませ~ん。
形がスマートで成長が早く物凄い太さに・・・!

 雪ん子さんは簡単に仰いますがクマザサもあって・・・。
普通の方(慣れない人)でしたら、要領からして大変でしょうね!!
※この休憩時間、これがいいんですね~~。
ナ~んニモ忘れて・・・、花が咲いて・話しに・・・。
・そうですかミズナラは500年でしたか・・。
また一つ収穫になりました~、御礼。
  ヒロ・・でした


ミズナラの寿命500年はすごいですね。
ところで、こちらでは普通に咲いているベニバナゲンノショウコ、今朝撮ってきました。
雪ん子さんのメアドがわからないので私のブログに乗せました。
本物か、別物か見ていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

やまぶどうさん、こんにちは~。

里山保全クラブは、里山大好き!の私にピッタリのクラブです。
もっと早くに参加すれば良かったと・・・。
やまぶどうさんは、個人でボランティア活動・・・エライ!
同じ場所に住んでいたら、絶対お手伝いしたいです。

妙高ではミズナラやブナは高原(1300mくらい)に行くと
巨木がゴロゴロ(寝てはいませんが・・・当たり前だ
巨木になると、中々ユニークな顔?を持ったものも有り楽しいです。
里山に近くなると、むかし炭焼きで使われたので、巨木はほとんど見られません。

ポージィさん、こんにちは~。

実はこの里山、森林公園+キャンプ場になっています。
私たちの活動は、その周辺の山の下草刈りです。
駐車場周辺には境目の所に、ヤクシソウがずーっと咲いています。
メタセコイヤはキャプジョウに植えられている木です。

里山保全クラブの作業日は、月に3~4回あったので
これが無くなると、かなりヒマ感が・・・寂し~です
春からの成果が目に見えるので、達成感が・・・。

低山(里山)に多いコナラ、高原地区に多いミズナラ
同じようなドングリの木なのに、どうしてこんなに差があるのでしょうね?

ヒロさん、こんばんは。

花の少ない時期になりましたが
今はヤクシソウ、ユウガギク、ミゾソバの仲間、等が多いです。
メタセコイヤ、妙高にはけっこう多い木です。
自然林では無く、学校や公共施設等に多く植えられています。
成長の早い木で、頭を切ってもスグ元の状態になってしまう

クマザサ、総称としてはこれもクマザサの一種ですが・・・
これは竹の子が美味しいチシマザサ(ネマガリダケ)です。
なるべく残したいので、私は剪定ばさみと小形のノコギリを使って雑木だけを・・・。
草刈り機の刃も竹用のものを支給されていますので、込んでいる所はそちらでも。
イップク(休憩)の時間は、色んな話が聞けて楽しいです。
おばさん達とのおしゃべりとはまた違った楽しみもあります。

ころさん、こんばんは。

ベニバナゲンノショウコウ、写真ありがとうございました。
本当に当たり前にあるんですね。
新潟県でも北に位置する場所なのに・・・不思議です。

おはようございます。

里山保全クラブの奉仕作業・・・今月で終了ですか。
普通の者には出来ない立派な事ですよね。
お疲れ様でした。
あの笹ボウボウ(before)が、綺麗さっぱり(after)な姿に
大変貌・・・これで里山保全になりますよね。
木の寿命・・・
・コナラ;70~80年
・ミズナラ;500年以上     
・ブナ;250~300年
初めて知りました。
この寿命も里山保全活動があっての事でしょうね。
保全活動・・・身体が続く限り頑張れ・・・と、願うばかりです。


kucchanさん、おはようございます。

里山保全クラブ、月に3~4回の作業が無くなってしまうと・・・
暇?になるな~・・・いえいえちょっと寂しいです。
私にとってはボランティアと言うより、趣味の範ちゅうでしたので。
そうそう、身体の続き限り・・・頑張ります

時折、先生方から木の勉強もさせてもらっています。
意外と先生だった方も多く参加されています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アキギリの小径とベニバナゲンノショウコウの自生地へ | トップページ | 夏の名残と秋の真ん中の花たち »

フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ