« 静かに一人、ほろほろと・・・涙 | トップページ | まなびの杜(もり)妙高の自然講座「妙高の自然の魅力を学ぶ」 »

2015年7月12日 (日)

新潟の郷土料理?三角チマキを作る

近所の保育園ババ友達から始まり、今はガーディニング友のMさんから、モチ米をたくさん頂きました。

それでは、久々にチマキでも作ってみようか・・・と言うことで、母とササを取りに行く・・・から始まり、300枚くらい採りました。残ったササは笹ずし用に冷凍します。 

 

作り方を簡単に説明しますと・・・まず、ササ裏表を一枚ずつ、新しいスポンジタオルで洗います。

モチ米は洗って、30分くらい水切り。

縛る紐は昔はスゲの乾燥したものでしたが、今は畳屋さんでもらってきたイグサ(畳表の切れ端をほぐして使います) 

 

Photo_4Photo_2

 

出来上がったチマキは一晩(8~12時間)水につけておきます。それを火にかけ沸騰後約60分茹でます。

  

Photo_3Dscn6950

 

 茹で上がったものを冷水につけ冷やし、その後水を切って出来上がり~happy01

  

Dscn6952_2お好みですが、私はきな粉を付けて食べます。

家の王子たちも大好き!

 

 
Dscn6954

実家に30個、友達に10個×2と5個×2、家で20個の計80個作りました。

あ~疲れた~、でも王子たちが喜んで食べてくれると、作り甲斐があるというものですhappy01

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へにほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ ポチッとお願いしますm(_ _)m

« 静かに一人、ほろほろと・・・涙 | トップページ | まなびの杜(もり)妙高の自然講座「妙高の自然の魅力を学ぶ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 本当に一からで~♪
おはようございま~す。

 いいですね~!
この笹の収穫、こうして拝見するだけでは(簡単そうですが)分からない・大変さも…。
それに300枚とはすご~い!

 しかし器用なものですね、バラバラのコメをこのように三角状にまとめて、しかもこの笹で包むのですからネ。
 そして紐で(昔はスゲ紐:懐かし~い)、このように器用にまとめられて・・・。
※王子たち、さぞかし美味しく食べたことでしょうな~。
  拝見するだけでもゴクッ・チソウ様でした。
  

こんにちは~
 
こちらも今日は(多分昨日も)11時点で室温30℃超えました。
でも、湿度が70%切っていて、風もあるので辛くないです。
いかに寒がりで暑さに強いタイプかしれるというものですね(笑)
 
チマキ作りをなさったんですね。
笹の葉採り300枚!? 全部洗い終わる時点で精根尽きそうな。
でもさらに、洗ったもち米を包んでこんなに綺麗に包むんですね。
よくこんなにきっちり綺麗に包んで結べると感心するばかりです。
チマキはいまだ一度も食べたことがないのですが、包み方は
棒状だったり雪ん子さん式に三角だったり、各家庭の伝統が
あるのでしょうか?
手間隙かけて作られた笹の葉の香りのするチマキ、
想像するだに美味しそうです♪

三角チマキを作られたのですね。
私は「笹ダンゴ」が大好物なんですよ。
近所のスーパーで、時々、新潟の「笹ダンゴ」が販売されます。
その時は、多めに調達して冷蔵庫で保管・・・ですよ。
所で、雪ん子さん製の「三角チマキ」と「新潟笹ダンゴ」は、
当然、違いますよね・・・何せ、無知なもので・・・すみません。

heart ヒロの日々(・・もんたの一年)さん、こんばんは~。

チマキの作り方は色んなサイトで載っているのでカットしました
いや、単にめんどくさかっただけですけどねcoldsweats01

これを初めて作ったのは、たぶん小学生の時です(良く覚えていないけど・・・)
母に教わりながら“お手伝い”・・・の、つもり・・・(足手まといだったかもネ)
最初の頃はうまく出来なくて、茹でている間によくパンクしてました。
こうやって手で覚えたものは、頭が忘れても手が覚えているものです。
ソロバン(古い?)みたいなものかも、訓練ですね。

heartポージィさん、こんばんは~。

今日の妙高は、朝から居間で30℃ありました、フェーン現象ですね。
日中は上越市と同じ38℃くらいありましたよ・・・もうグッタリdown
植木は車庫の中に一時的に避難させています(南風がちょっと強いので)

チマキ作りはササ採りからからなので結構大変です
私も洗いが一番大変でした(ずっと立ちっぱなしなので)
新潟のものは三角形で、棒状はたぶん違う地方かも・・・。

heartkucchanさん、こんばんは~。

kucchanさんは笹団子がお好きなのですね。
あれはまた違った美味しさがあって、笹団子の方が全国区ですね。

笹団子はモチ米の粉で団子を作り(その中にあんこが入っている)それをササで包んだものです。

チマキは洗ったモチ米をロート状にしたササに入れ、もう一枚使ってフタをして、紐で結んだものです。
私は50代頃までアンコが大の苦手だったので、チマキの方が好き・・・です。

雪ん子さま
粽 凄く手間がかかるんですね。
その分、尚更美味しさが伝わってきます。
出来ればご相伴に預かりたいものですが(無理!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 静かに一人、ほろほろと・・・涙 | トップページ | まなびの杜(もり)妙高の自然講座「妙高の自然の魅力を学ぶ」 »

フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ