« 斉の神(どんど焼) | トップページ | 美しい悪魔 »

2015年1月15日 (木)

冬来たりなば・・・

114

今日15は小正月、16日は昔なら「藪入り」でしたね。今はほぼ死語になっていますが、あらためて調べるてみました。
【奉公人が家に帰れる日】関西の一部では嫁に出た娘が夫とともに里帰りする日】と・・・。
関西では無いけれど、上越地方にもこの風習がありましたね~。
私も1回だけ藪入り経験があります。雪のモカモカ降る日、山道を夫と2人で身重の身なのに歩いて(昔は除雪が悪かったので)帰りました、それでも嬉しくてねぇ。今でも切ない思い出ですcoldsweats01 現在ではいつでも帰れます、良い時代になりました・・・。

家の外は雪の山、いつもの年だとこれからが冬本番なのですが、今冬は12月からこんな状態で・・・down

それでも春に少しずつ近づいています。
 何年も前にSさんから頂いたプリムラです、こぼれ種からたくさんの苗ができました。無理矢理?友達に配りましたよcoldsweats01 もう蕾が上がってきました。

Photo

 もう少ししたら、こんなふうに咲く予定heart04

1

  フルーツトマトのこぼれ種で空き地にできた苗、あまりにリッパな苗だったので、晩秋に鉢に植え付け、暖房無しのサンルームでなんとか育っています。心なしか色づいてきたような・・・。

Photo_2

 冬は例年になく花付きがよい【カネノナルキ】、車庫の薄暗い中でも咲きだしてきました。

Photo_3

Photo_4← コガネムシの被害にあって弱っていたバラのプレイボーイ、植え替えたら晩秋になって蕾がたくさん付きました。
剪定してしまうのはしのびないので、ベランダへ取り込みました。寒い中、少しずつ咲いています。

【冬来たりなば春遠からじ】ですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ ランキングに参加しています、ポチっとしていただけると嬉しいです。

« 斉の神(どんど焼) | トップページ | 美しい悪魔 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
 
薮入り っていう言葉、子供のころから耳にすることが全然なくて
小説の中で出会ったのが最初だったと思います。
お嫁さんが夫とともに里帰り という意味もあるのですね。
雪ん子さんにもそのご経験がおありなんですか。
現代はずいぶん変わりましたよね。未だに色々ありはしますが、
昔は、「嫁」の立場の方々は、現代よりはるかに辛い切ない思いを
した人がいっぱいいたでしょうね weep
 
もう日没時間は遅くなり続け、日の出時間は早まり続ける期間に
入っていますよね。雪に覆われていてもそういう変化をちゃんと
キャッチする植物たちってすごいですね。
早くから寒くなって雪も多い冬なのに、こんなに咲こうとしている
バラもあるなんて驚きと感動です~

こんにちは~~
懐かしい響きの言葉ですね~~
藪入り!!田舎ではほとんどの処が
藪入りの習慣があったようですね~~
私は、帰りませんでしたが、主人の姉達が
帰ってきて大変だったのを、覚えています
遠い昔の思い出です~~

プレイボーイは元気ですね、家のプレイガール
外で細々咲いています、寒さに強い種類かもね

heartポージィさんへ

昔々のお嫁さんは、藪入りと第一子のお産でしか実家へ帰れませんでしたcrying
姑はおっかない人でしたねぇ・・・意気地無しの私、サッサと逃げ出したんですよcoldsweats02
父ちゃんが後から付いてきた~coldsweats01 おかげでさまで今は幸せですよ。

日暮れが少しだけ遅くなってきているんですものね
花たちはそんなことも敏感に感じているのでしょうか?
真っ先に枯れるだろうと思っていたトマトが、枯れないのに驚いています。

heart吾亦紅さんへ

あらら・・・吾亦紅さんはお(義)姉さん達を迎える側だったのですか?
それは大変でしたね、私はたった1回の藪入りでしたが、弟がまだ独身でした~coldsweats01

バラって寒くても結構咲くものですね、でも寒風の中のバラはヤッパリかわいそうな・・・
妙高では後2ヶ月半、ジッとガマンの子・・・春が恋しくて、恋しくて~notes

雪ん子様
藪入り 如何にジィ~ジが年寄りであろうと、流石に本来の意味である 奉公人の久しぶりの
お休みは有りませんでしたが、私が育った富山市(県)で今は知りませんが子供の頃
お嫁さんはお里帰りしていました。
多分 今は車社会ですし、その気になればいつでも帰れるので、もう死語かもですね。

heart輝ジィ~ジさま

藪入りって、私にとってはなんだか切ない響きです。
今はもう本当に死語になっていると・・・いい時代になった・・・のかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 斉の神(どんど焼) | トップページ | 美しい悪魔 »

フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ